ブログトップ | ログイン
2学期中間考査が始まりました。
10月9日(火)

連休明け、快晴の朝を迎えました。

暑くもなく寒くもなく、このようなお天気が一年中続くといいな、と思うのですが。

でも、それは季節に影響されないものの勝手なセリフ。

春夏秋冬、季節の移り変わりの恵みを受けながら生活をされておられる方にとっては大問題です。

また、春夏秋冬があるからこそ、日本人の感性や趣のある文化が育まれてきたのだと思います。


いずれにしても、つかの間の穏やかなお天気。

ありがたいものです。


とはいえ、中間考査が始まった生徒たちにとってはまったく関係のない話。

台風でもない限りは、試験は始まり、続き、最終日まで進みます。




e0251420_18154724.jpg




登校時の生徒たち。

いつもの定期考査に比べ、ノートを手にした生徒が少ないように感じました。


中学生は今日まで授業。中間考査は明日からです。

なによりも、二日間の連休が大きいですね。


e0251420_18154219.jpg




ところで、この中間考査や期末考査という制度。

いつからあるのでしょうね。

少なくとも、私は半世紀ほど前には経験していました。


教育ってなかなか変わらない、ということがよくわかります。
e0251420_18282038.jpg







中にはノート片手に登校の生徒もおりました。

最後まで全力、言い心構えですよ。

e0251420_18281079.jpg
e0251420_18280704.jpg





横断歩道で待つ生徒。

表情に余裕がありますね。

今日は授業のようです。

e0251420_18153646.jpg




ハハハ・・・

ノート片手に完ぺき余裕の表情。

連休中、し~~っかり勉強していたのでしょうね。

次は結果を教えにきてくださいよ。

e0251420_18153909.jpg
高校生は今日から、中学生は明日から

ともに、10月12日(金)まで続きます。

あと、3日。

学問に王道なし。

地道な努力が実を結ぶのです。









by kyotoseibo | 2018-10-09 23:15