ブログトップ | ログイン
聖書朗読、高校2年生宗教の授業です。
9月7日(金)2時間目。

高校2年生の宗教の授業です。

いつもの教室とは違い、図書館の一角。

しかもシスターをお招きしての授業でした。



授業はお祈りから始まりました。

e0251420_10514601.jpg


今日は全員で聖書を読もう、というのが授業の目的のようです。

イエス様の誕生の部分を全員で少しずつ朗読しました。
e0251420_10514334.jpg

e0251420_10513531.jpg
e0251420_10513273.jpg



全員での朗読を終えたのち、宗教の先生から

「聖書を読むことそのものが祈りです」というお話がありました。


シスターから

「どの部分が心に残っている?」と問いかけがあり

全員の生徒が答え、多くの生徒が「イエスさまの誕生」と言っておりました。

e0251420_10512707.jpg
e0251420_10512532.jpg



最後にシスターから

「聖書には神さまが私たち人間のことをいかに考えておられるか、あちこちにちりばめられている」
「読めば読むほどいろんなことがわかる」
「自分の考えを堂々と発表することが大切」
「なぜ、と考えることが心の糧になる」

など、お話をいただきました。

e0251420_10511949.jpg
e0251420_10511528.jpg
シスターは、私たち藤森キャンパス創立時から関わってくださっています。

中高の校長、小学校の校長、理事長などを歴任され

私たちのキャンパスの長年にわたり見続けてくださっているシスター。

これからももっともっと多くのことを学びたいと思います。















by kyotoseibo | 2018-09-07 21:02