ブログトップ | ログイン
8月6日
8月6日

69回目の「原爆の日」
生徒たちは、この日を特別な思いで迎えることができたのでしょうか。

最近は、8月6日が何の日かわからない若者が増えてきているとか。

戦後、69年。
語り継ぐ人も少なくなり、国民全体の意識が希薄になってきていることは否めません。

でも、それを生徒たちに伝えるのは私たち教員の責任です。

原子力発電、核ミサイル
一方、戦闘で罪もない多くの人々の命が失われている国や地域もある。

人間は、人類はどこに向かっているのか。
私たちに何ができるのか、何をすべきなのか。
せめて、このような日だけでも真剣に考えたいものです。
e0251420_214777.jpg

e0251420_2141949.jpg

by kyotoseibo | 2014-08-06 23:51