ブログトップ | ログイン
<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
途上国の犠牲の上に成り立つ私たちの幸せ
8月31日(水)
高校3年生の授業です。

タイトルは『途上国の犠牲の上に成り立つ私たちの幸せ』

どんな展開になるのでしょうね。

2時間続きの授業がスタートしました。
e0251420_19585169.jpg



最初は、身の回りでコットンで作られているものを生徒に聞きます。
e0251420_19585839.jpg



3つのグループに分かれた生徒たち。
それぞれのグループから様々な製品の名前が飛び出しました。




先生からも、コットンでできているものの紹介です。



驚いたことに、ピンポン玉やめがねがありました。

そんなものまで、コットンで作られているのですね。

e0251420_19590595.jpg





次は、コットンの製品(例えば服)ができるまでのプロセスを生徒に考えさせます。


e0251420_19591334.jpg




下の9枚のカードを並べ、製品が消費者(私たち)の手元に届くまでを考えるのです。



農家が綿花を栽培し、やがて消費者の手に届くまで、
さまざまな人の手と思惑を通過し、その都度値段があがっていきます。
e0251420_19592364.jpg





次は、コットンに関するクイズ。

意外と知らないものです。

ということは、無関心だということですね。
e0251420_19593176.jpg
e0251420_19593856.jpg
e0251420_19594536.jpg





2500円のTシャツを買ったとき、
原料となるコットンをつくる人(農家で働く人)が手にするのは、1%の25円だけです。

e0251420_19595294.jpg


とはいえ、さまざまな立場の人がおり、
みんな生きるために一生懸命です。

私たち日本人が生きるために新しいTシャツを買うかどうかわかりませんが・・・




そうこうしているうちに、

コットン農家で働いていた女の子が、亡くなったという情報が生徒たちの手元に届きました。

コットンの粉じんと過労が原因なのですね。



どうすれば、みんなが幸せになれるのか。

いよいよグループでの討論が始まりました。

e0251420_19595952.jpg
e0251420_20000815.jpg
e0251420_20001543.jpg
e0251420_20002378.jpg



課題をあげ、その解決策を討論するのです。

そして、出た意見をどんどん模造紙に書いていきます。




驚いたことに、生徒たちは手慣れたものです。

e0251420_20003057.jpg
e0251420_20003874.jpg
e0251420_20004570.jpg
e0251420_20005858.jpg
e0251420_20010918.jpg
e0251420_20011733.jpg
e0251420_20012689.jpg




先生からはタイミングよく新しい情報や具体策が届きます。

e0251420_20014107.jpg
e0251420_20015467.jpg





生徒たちは新しい具体策をもとにさらに議論を深めます。

e0251420_20021173.jpg
e0251420_20022138.jpg
e0251420_20023095.jpg







時間です。

3つのグループで討論したものが前に張り出されました。

e0251420_20024132.jpg
e0251420_20025076.jpg
e0251420_20025872.jpg
e0251420_20030952.jpg



最後はグループごとに発表。

ほんとにしっかりとしています。

高校3年生ですからね。



自分たちが考えた内容を伝えてくれました。
e0251420_20031858.jpg
e0251420_20032653.jpg

e0251420_20034270.jpg
e0251420_20035242.jpg
e0251420_20040121.jpg
e0251420_20041938.jpg
e0251420_20042817.jpg


最後は本時のまとめです。
e0251420_20043886.jpg
単に知識を伝える、伝えてもらう授業はもう古いと言われています。
もちろん、知識はとても重要で思考のための基礎になります。


でも、それは学校での授業以外でも身につけることができます。

実際、インターネットの普及により、あらゆることが即座に検索できるようになりました。



今や、学校の授業で求められているのは、「思考を深める」こと
そして、「人前で堂々と自分の考えを述べる」こと。



今日の授業・・・・・
先生がしっかりと授業準備をされていたこともあってか
非常にスムーズに進み、生徒は自分たちの考えを述べ、書き、発表しておりました。

素晴らしいと思いますし、日頃からこのような授業形態に慣れていることもよくわかりました。


これからもさらに「思考を深める」ことに取り組んで欲しいと思います。









by kyotoseibo | 2016-08-31 23:58
トイレがきれいになりました。
JR稲荷駅のトイレが使用できません。

私は通勤で利用しているので時々困ってしまいます。

もともときれいなトイレだったのに、さらに使い勝手の良いトイレになるのですね。

国際的な観光都市、京都。
その京都の代表のひとつが伏見稲荷大社です。

日本を代表する名所。
その最寄駅が、JR稲荷駅。

綺麗にしておかねばならないのですね。


『トイレを清潔に!さらに使いやすく』 は学校でも同じこと。
ましてや女子校です。


ということで、今年の夏はトイレの工事をしていただきました。

猛烈に暑い夏。
しかもトイレには冷房は入っていません。


工事をしてくださった方、本当にありがとうございました。



南館3階のトイレです。
e0251420_915396.jpg
e0251420_9151232.jpg



こちらは4階のトイレ。
e0251420_9152132.jpg
e0251420_9153093.jpg

こんなにきれいになりました。

生徒たちには大切にきれいに使って欲しいと思いますし、そうしてくれることでしょう。










by kyotoseibo | 2016-08-30 23:58
私立中高展ありがとうございました。
e0251420_9354795.jpg
岡崎公園の「みやこめっせ」で、8月26日(金)から三日間行われた
京都私立中高展。

私たちのブースにも多くの受験生が来てくれました。

ありがとうございました。


受験生は大変ですね。
勉強もさることながら学校選びは本当に大変です。

私の高校受験は40年以上前のことですが、学校選びは極めてシンプルでした。

家が貧しかったため、「交通費のかからない高校、つまり歩いていける高校」で
高校を選びました。

でも、今の受験生は本当に大変です。

学校ごとに特徴は異なり、選ぶのが本当に大変です。


お腹がすいているときに、
和食がいいか、中華がいいか、洋食がいいか、それともバイキングがいいか
どれかひとつだけ選びなさい、と言われているようなものです。

さらに、和食といっても、お寿司ありお鍋あり麺類あり。
本当に選ぶのが大変。

結局、ふだん食べているもの、つまり知っているものを選んでしまいます。

でも、せっかくなら自分だけのものを選びたいものです。


京都聖母学院中学校・高等学校
カトリックの女子校。

きっと、あなたに満足していただける特別なものだと思いますよ。









.





by kyotoseibo | 2016-08-29 23:35
コーラス部高校3年生が最優秀賞に輝きました。
e0251420_17521162.jpg

8月28日(日)
神戸松蔭女子学院大学英文学科主催の「英語による歌唱コンテスト」に
コーラス部高校3年の有志6名が参加しました。

課題曲の「Swing Low, Sweet Chariot」と自由曲「You Raise Me Up」を熱唱。
総勢25組の中から、最優秀賞を受賞しました。


素晴らしい!!!

高校3年生はすでにクラブは引退をしているのですが、
こうして活躍してくれています。

先日も、校内での説明会で熱唱してくれました。

ありがとう。
そして、おめでとう。


まだまだ大活躍、頼みます。
期待していますよ~。
e0251420_1724897.jpg
e0251420_1724262.jpg
e0251420_17243983.jpg










by kyotoseibo | 2016-08-29 23:22
小学校も始まりました。
8月26日(金)
6時20分くらいに、京阪電車不通の一方が届きました。


急いでも仕方ないと思いつつ、少し急ぎ足で学校へ・・・



西館にたどり着き玄関への階段をあがろうとしたとき、
いつもと違う光景が視界に入りました。

なんだと思われますか。
e0251420_19392643.jpg











ネコ!!

そーっとカメラを取り出しシャッターを・・・




慣れているのか、人見知りしないのか・・・
偉そうに私から目をそらしません。



なるほど。
いい度胸です。
e0251420_19393544.jpg









さて、やがては京阪電車も動きだし、いつもの登校風景が・・・



とはいえ、ダイヤはずいぶん乱れていたようです。

私たち中高も10分遅れで1時間目をはじめました。
e0251420_19394639.jpg





小学生は今日が始業式。

児童たちは電車の混乱を気にする様子もなく元気に登校してまいりました。


まだ8月なのに小学校も早いのですね。



2学期始業式といえば9月1日。遠い遠い昔のことです。




小学校、中学校、そして高等学校。

多くの子どもたちが登校してくる毎日が再び始まりました。





この子たちを毎朝迎えることのできる幸せをかみしめねばなりませんね。












by kyotoseibo | 2016-08-26 22:04
たまには教員の表情もご覧ください。
e0251420_1930290.jpg


いつもは生徒たちの表情をお伝えしていますが、
今日は教員の表情を少しだけご覧ください。



昨日、8月25日(木)
16時から小学校の先生方との合同研修会がありました。





そのときの様子です。

紙コップで遊んでいるのではありませんよ。

(遊んでいるようにしか見えませんが・・・)
e0251420_19302245.jpg
e0251420_19305025.jpg

e0251420_19301563.jpg

e0251420_19303371.jpg
e0251420_19304225.jpg






紙コップに落書きをしているようですね。
絵を描いているのでしょうか。
e0251420_1931034.jpg





中をのぞいています。
手品? マジック??



なんだか難しい表情ですね。
e0251420_19311068.jpg





なんとなく微笑ましいですね。
e0251420_19311848.jpg




今度は紙コップの底のチェックですか???
e0251420_19312879.jpg
e0251420_19313784.jpg






なんなんでしょうね・・・???
e0251420_19314548.jpg
e0251420_19315392.jpg





思いっきり紙コップをのぞき込んでいます。
e0251420_1932149.jpg
e0251420_19321118.jpg





それにしても、みんなけっこう楽しそうです。

紙コップにどんなしかけがあるのでしょうか。
e0251420_19321929.jpg





難しい表情、みんな何かを考えているようです。

e0251420_19322918.jpg





今度は討論を始めました。
e0251420_19323763.jpg

e0251420_19324477.jpg





実は、紙コップを用いたアクティブラーニングという授業の手法の研修なのです。




アクティブラーニング。

文科省も推進し、今やさまざまな場面で耳にする言葉です。

私たちの学校も積極的に取り入れています。



そのために研修や研鑽を積んでいます。

今回も多くのことを学びました。







生徒諸君。

そのうち、授業やLHRで紙コップが登場するかもしれませんよ。
そのときは少しだけ笑ってから知らないふりして一生懸命取り組んでくださいね。









by kyotoseibo | 2016-08-26 21:59
2学期始業式!
e0251420_19435052.jpg
8月25日(木)
2016年度2学期始業式でした。

8月も残すところあと1週間ですが、厳しい残暑が続きます。

(残暑というには、暑すぎますが・・・)




暑かった夏、オリンピックで日本中が盛り上がった夏。

生徒たちはどのような夏を過ごしていたのでしょう。




クラブ活動で頑張った生徒。

勉強に一生懸命取り組んだ生徒。

海外に行った生徒。

自分の趣味・特技にいそしんだ生徒。

読書三昧だった生徒。

もちろん、高校3年生は猛勉強をしたことでしょう。

なかにはオリンピックと高校野球の応援に明け暮れた生徒がいたかもしれません。




さまざまな場所で、さまざまな時間を過ごし、さまざまな思いをし

そして今日、また一堂に会しました。



長い2学期のスタートです。

気持ちを新たにして、元気にはじけるような日々を過ごして欲しいと思います。
e0251420_19433836.jpg



次の生徒は社会事業部の生徒です。


学校からただ一人、カンボジアに研修に行きました。

始業式のあと、その報告をしてくれましたが、

言葉では表現しつくせない多くの経験をしてくたことと思います。




どうぞ、気持ちが新鮮なうちに次の行動に繋げてください。

さらなる飛躍、大いに期待しています。
e0251420_19440466.jpg




次は生徒会執行部の登場です。

学院祭に関する連絡。



学院祭は、9月16日(金)と17日(土)

学校中が活気に溢れる二日間です。


でも、彼女たち生徒会執行部にとっては、まさに怒涛のような毎日の始まりです。


頑張れ!生徒会執行部。
e0251420_19441218.jpg
e0251420_19442074.jpg

2学期終業式は、およそ4か月後の12月20日(火)。

生徒たちの活躍を追いかけます。












by kyotoseibo | 2016-08-25 22:43
京都聖母学院写真部。第40回全国高等学校総合文化祭に参加してきました。
合宿の報告に続き、全国高等学校総合文化祭の報告を写真部の顧問の先生がしてくれました。

以下、青字部分です。

みごとな写真とともにご覧ください。




京都聖母学院写真部です。第40回全国高等学校総合文化祭の報告です。

7月30日(土)~8月1日(月)まで、全国高等学校総合文化祭(注・文化系クラブのインターハイに当たるもの)に京都府の代表として参加してきました。




今年は第40回の記念大会、広島で行われました。

茨城・滋賀と引き続いての3年連続の参加となりますが、その様子を写真でご覧ください。





1日目 部門別開会式⇒講演会⇒交流会・顧問会議⇒パレード見学



記念講演会は写真家の織作氏による「撮られるから撮る」でした。



地道にテーマをもって撮っていくことの重要性をお聞きしました。


また、今撮った写真は次の瞬間にはなくなっているかもしれない、ということを強調され、
「撮れるときにとっておきなさい」とアドバイスをいただきました。





生徒たちは交流会で自己紹介後、原爆ドームや資料館に案内いただきました。



顧問は顧問会議で「理想の高校写真部」というテーマでのシンポジウム。

顧問として大いに参考になりました。

e0251420_14501185.jpg
e0251420_14502095.jpg
e0251420_14503084.jpg
e0251420_14504511.jpg
e0251420_14505643.jpg
e0251420_14510492.jpg

この日は秋篠宮殿下と眞子様が写真展示会場を訪れ、ゆっくりとご鑑賞なさいました。






2日目 撮影会(尾道)

この日は全国大会出品者のみによる撮影会コンテスト。


宮島・呉・尾道のいづれかを選べましたが、私たちは「中世から続く箱庭的都市」をキャッチフレーズにした尾道を選びました。




文学の町、映画の町、猫の町として絶大な人気を誇る魅力いっぱいの街を、きつい坂道にもめげずにファインダーに収めて作品を提出してきました。

e0251420_14525759.jpg
e0251420_14530588.jpg
e0251420_14531389.jpg
e0251420_14532311.jpg
e0251420_14533348.jpg
e0251420_14534345.jpg
e0251420_14535335.jpg
e0251420_14540208.jpg



3日目 部門表彰式⇒部門講評会⇒撮影会表彰式⇒撮影会講評⇒部門閉会式


京都府第1席ではあっても、全国の壁は厚かったです。入賞はできませんでした。

e0251420_14573149.jpg
e0251420_14575014.jpg


しかしながら、各都道府県のトップを飾る写真に触れ、新たな目を開かれた思いです。




それぞれの写真に傾けられた情熱を、ぜひ自分の物にして、そして後輩へと受け継いでいってもらいたいものです。

e0251420_14583668.jpg
e0251420_15091491.jpg



来年度は宮城での41回大会。

世代交代しても4年連続の全国大会出場をねらいます。





追記 広島県の高校生たちが「被爆地広島」をいかに大切に思っているかが感じられる大会でした。




オバマ大統領が訪問されたこともあり、核兵器に対する世界的な関心が高まる中、私たち自身が今一度「核兵器のない世界」に対して、真剣に考えることが必要だと感じました。

e0251420_15004583.jpg
e0251420_15010228.jpg
e0251420_15011385.jpg

e0251420_15012210.jpg




以上、写真部顧問による報告でした。


暑かった夏。
そして、オリンピックで盛り上がった夏。



ここにも懸命に夏を過ごした生徒がいました。


写真撮影、これからも頑張ってくださいね。











by kyotoseibo | 2016-08-23 23:10
京都聖母学院写真部。撮影合宿の報告です。
写真部。

その腕前は全国トップレベル。

本校を代表するクラブです。


8月7日(日)~9日(火)、2泊3日で撮影合宿に行ってきました。

そのときの様子と写真を顧問の先生が伝えてくれました。

以下、青字部分が顧問の先生からの報告です。
素晴らしい写真とあわせてご覧ください。




京都聖母学院写真部です。写真部の撮影合宿の報告です。

写真部は初代顧問の中石先生の頃から毎年夏休みに撮影合宿を行っており、
なくてはならない恒例行事になっています。



今年は岡山県にお邪魔して様々なロケーションでの撮影を体験してきました。

どうぞ写真に打ち込むその様子をご覧ください。

1日目 京都⇒播州赤穂⇒邑久駅⇒牛窓⇒牛窓ヨットハーバー
    ⇒トワイライトクルージング⇒前島


電車に揺られ、東備バスにのって13:00過ぎ、牛窓の町に到着しました。

ここでお昼ご飯をとり、てくてくとヨットハーバーへ向かいます。
e0251420_12052589.jpg




牛窓ヨットハーバーは関西指折りの大きさです。
8/14の鉄腕ダッシュでも放送されました)


青い海と停泊しているヨットが印象的です。

e0251420_12053503.jpg

e0251420_12054956.jpg

e0251420_12055878.jpg





17:30
にフェリーに乗り込み、トワイライトクルージング。

e0251420_12061541.jpg


牛窓は夕陽100選に選ばれている夕焼けの景色が美しい土地です。
それを海上から眺めて撮影しようというのが今回の一つの目玉です。


全員がデッキに散って撮影準備。やがて陽が西に傾き、沈んで、
残照が消えるまでの役1時間半、盛んにシャッターを切っていました。

e0251420_12062442.jpg

e0251420_12063532.jpg

e0251420_12064423.jpg

e0251420_12065357.jpg

e0251420_12070493.jpg

e0251420_12071208.jpg



この日は前島にわたり、民宿「ふる里」さんで遅めの夕食となりました。






2日目 早朝撮影⇒景勝地での撮影⇒吉田神社⇒砂浜での撮影
    ⇒夕陽の撮影⇒晩御飯



早朝撮影は宿から80メートルほど離れた砂浜。
朝日が昇る前の瀬戸内の表情。
朝陽が昇ると徐々に変化していく空、海を撮影しました。

e0251420_12444618.jpg
e0251420_12445587.jpg
e0251420_12450663.jpg



朝ごはんの後は、小高い丘からの撮影。

夕陽100選に選ばれている場所だけあって、海に浮かぶ島や原っぱがきれいな場所です。



各自がモデルになったり、草木を入れたりして撮影しました。


e0251420_12462383.jpg
e0251420_12463367.jpg
e0251420_12464291.jpg
e0251420_12465455.jpg
e0251420_12470353.jpg
e0251420_12471458.jpg





そこから500メートル離れた場所の吉田神社。

こぢんまりとした神社はひっそりとしており、郷愁を誘う場所でもありました。



小さな神社ですが、工夫を凝らして撮影したいました。

e0251420_12512246.jpg
e0251420_12513518.jpg
e0251420_12515190.jpg



宿に帰ってお昼ご飯にカレーをいただき、午後は砂浜での撮影。



普段は撮影できないロケーションでの撮影は、小物をつかったり、波打ち際に寄ったり、海の中に入ったりと、
それぞれに思い思いの撮影をしました。




熱中症対策で1時間ほど宿での休憩をはさみ、いろいろな撮影を試みました。

e0251420_12531888.jpg
e0251420_12533025.jpg
e0251420_12534258.jpg
e0251420_12535300.jpg
e0251420_12540477.jpg
e0251420_12541404.jpg
e0251420_12543130.jpg



夕食前、午前中の撮影ポイントで夕陽の撮影。


残念ながら雲がかかってしまいましたので、いかにも!という写真は撮れませんでしたが、焼けていく雲や暗くなっていく景色を撮影しました。

e0251420_12570770.jpg

e0251420_12571738.jpg

e0251420_12572734.jpg

e0251420_12573879.jpg


宿に帰ると鰆と鮃のお刺身が待っていました。





3日目 早朝撮影⇒牛窓⇒しおまち唐琴通り⇒倉敷美観地区
    ⇒倉敷駅⇒岡山駅⇒京都



最終日も早朝撮影から。


同じように見えて、新しく気付くこともあり、通り過ぎる漁船や朝陽を受けた岩礁を撮影しました。

e0251420_13562190.jpg
e0251420_13564432.jpg
e0251420_13565998.jpg






宿に別れを告げてフェリーに乗り、牛窓のしおまち唐琴通りを撮影。



昔の面影を残した情緒のある街並みでしたが、
住む人が減ってきており、空き家問題があるようでした。



それでも一昔前の映画セットの中に迷い込んだみたいに、
趣のある写真が撮れたと思います。

e0251420_14224288.jpg


e0251420_13575392.jpg
e0251420_13580372.jpg
e0251420_13581541.jpg
e0251420_13582590.jpg
e0251420_13583692.jpg
e0251420_13584751.jpg




バスに乗り込み、倉敷へ。
まずお昼ご飯をたくさん食べて…いるうちに通り雨。


かなり激しく振りましたが、食べ終わるころには晴天になっていました。

e0251420_14004507.jpg




そして倉敷美観地区の撮影。

限られた区間ですので自由に散策しながら街並みの撮影。

真ん中を水路が通っており、船が観光客を運びます。

e0251420_14021119.jpg
e0251420_14022299.jpg
e0251420_14023364.jpg
e0251420_14024324.jpg
e0251420_14025692.jpg



袴をはいたお姉さんたちにモデルになってもらっていた生徒もいます。

大正時代にタイムスリップしたような感覚は、
唐琴通りに通じるものがあったでしょうか。

e0251420_14030894.jpg



バスで倉敷駅、新幹線で岡山から京都に戻ってまいりました。

知らない土地で新しい被写体を見つけることで、生徒たちは撮影の技術をUPさせます。

これからも撮影合宿を大切にしていきたいと思います。

e0251420_14032317.jpg


以上、撮影合宿の報告でした。


いいですね。うらやましいなぁ・・・

行ってみたかったです。ただし、写真は撮れませんが。



写真部の部員たち、

それぞれがそれぞれの宝物を手にして帰ってきたことでしょう。

これからの活躍楽しみにしています。









by kyotoseibo | 2016-08-22 14:29
新体操部中学全国大会出場!!!
8月18日(金)~20日(土)

第47回新体操全国選手権大会が福井県の福井体育館でありました。


写真は会場の福井体育館です。

京都からは本校が、そして近畿から3校、全国から28校が集まり演技を競いました。



リオデジャネイロオリンピックでも女子の活躍に湧いた新体操競技。

リボン4本投げとはいきませんが、中学生の演技もたいしたものです。
素晴らしい演技の連続でした。






結果もさることながらここに至るまでが重要なのです。

どの学校も本当によく練習を重ねてきたのでしょうね。


へこたれながら、うまくいかず悔し涙を流しながらそれでもひとつひとつの演技を重ねていく。


そんなことが大きなそしてとっても貴重な力になって身についていくのですね。



e0251420_10231733.jpg

残念ながら演技は撮影禁止でご覧いただけませんが、
本当に素晴らしい出来栄えでした。




演技を終えた本校新体操部です。

晴れやかな表情ですね。

お疲れさま。素晴らしかったですよ。

e0251420_10230627.jpg







さて・・・


なんと、大都会に恐竜出現です。


e0251420_10235884.jpg

e0251420_10240995.jpg
e0251420_10242171.jpg
e0251420_10243446.jpg

福井市は恐竜の街なのでしょうか・・・

福井電鉄で切符販売をしておられた方に伺うと

「かつやま、というところで珍しい恐竜の化石が見つかったので・・・
ま、いわゆる町おこしですよ。」

とおっしゃっていました。


なるほど、だからJRの福井駅にも恐竜の絵が描いてあるのですね。

e0251420_10244795.jpg
e0251420_10232842.jpg
e0251420_10245898.jpg

駅のベンチにはこんな方も座っておられました。

一瞬、ぎょっとしました。


「もしかして人がかぶってる?」と思いましたが人形でした。

e0251420_10250968.jpg
それにしても、とってもユニークですね。


「かつやま」ってところにも行ってみたくなりました。

どんなモニュメントや人形が飾られているのでしょう?



「かつやま」は福井駅から電車で1時間ほどのところだそうです。

先ほどの方に伺うと、そう教えてくださいました。



機会があれば訪れてみたいと思います。


それにしても、福井電鉄で切符を販売しておられた方、

もちろん機械ではなく、大きながま口財布のようなものを持ち、一枚一枚販売されていました。


何年も前に京都の市バスでも見たような風景。


とっても懐かしい気持ちになりました。


















by kyotoseibo | 2016-08-22 11:38