ブログトップ | ログイン
<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧
幼稚園訪問
e0251420_1584398.jpg
高校3年生が、本校に隣接する京都聖母学院幼稚園の年中さんを訪ねました。

先生方にはとてもご迷惑をおかけしました。
本校生徒たちの訪問により特別に配慮してくださったことと思います。
ありがとうございます。

当日は、クリスマスカード作りのお手伝いです。
幼稚園児、本当にかわいいです。

園児たちは、スモッグ姿でしたが、登下校時は制服です。
女子園児の制服は高校生と同じなのです。
(スカートの後ろにリボンがついていますが)

幼稚園児から高校生までが同じ制服。
なかなか見ることができないと思いますが、どうなのでしょう。

園児たちにも、当然、個性があります。
クリスマスカードを手っ取り早く作る子、じっくりゆっくりやっている子、私に一生懸命話かけてくれる子、黙々と絵本を読んでいる子。

こんな小さな子どもたちでもそれぞれの個性が輝いています。
この子たちがあったかな心を育んでくれることを祈ります。
でも、それは私たち大人の責任なのです。
あったかな心を育むには、あったかな心で接することですね。

高校生たちは、あったかく接したでしょうか。お役にたったのでしょうか。
どうなのでしょう。

でも、帰るときに、『かえらんといて』と、しがみつかれたそうです。
少しはお役にたてたようですね。

毎日、隣の幼稚園で過ごしている園児たちにたくさんの幸せが訪れますように。
e0251420_15111656.jpg
e0251420_15112547.jpg
e0251420_15113786.jpg
e0251420_15115932.jpg
e0251420_15121294.jpg
e0251420_15122144.jpg
e0251420_15123175.jpg
e0251420_15124060.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-30 21:58
チャリティーコンサート&点灯式
e0251420_13594918.jpg
11月27日(日)
聖母女学院 藤森キャンパスにおいて
東日本大震災復興支援クリスマスチャリティーコンサート&イルミネーション点灯式がありました。

学校法人聖母女学院、聖母学院同窓会、京都聖母学院保護者会の主催です。

本校の生徒もボランティアとして協力。
『東日本大震災のための募金お願いしま~す。』と大声でよびかけます。
e0251420_1493951.jpg
e0251420_1495367.jpg
e0251420_1410545.jpg
e0251420_1411408.jpg

チャリティーコンサートは、本館(旧陸軍第十六師団指令本部)内部での演奏会。
本校の元教員や卒業生、小学校合唱団が出演しました。
本館には入りきれないほどのたくさんの人でいっぱいになりました。

引き続き、イルミネーション点灯式。
17時15分から始まりましたが、あたりは真っ暗。
いっせいに(実は少しタイミングがずれたのですが)イルミネーションに明かりが灯されると、歓声があがりました。
幻想的な雰囲気の中、本校からは、ハンドベル部、コーラス部、吹奏楽部が演奏をさせていただきました。
当日は、温かな日だったのですが、それでも夕方5時を過ぎると冷え込んできます。
気持ちだけでも温かくなっていただければ、と一生懸命の演奏です。

京都では穏やかな日が続いています。
東日本ではどうなのでしょうか。
震災で大きな傷を負ったたくさんの人々にこの灯りが、そしてご来場くださった方々の想いが届けば、と思います。

なお、募金にはたくさんの方がご協力をくださいました。
誠にありがとうございました。
e0251420_14105875.jpg
e0251420_14111027.jpg
e0251420_14111911.jpg

e0251420_14134851.jpg
e0251420_14145730.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-30 21:27
フォーラム挑戦する私学
e0251420_19331454.jpg
京都の私立中高の発展と振興のため実施されている『私学フォーラム挑戦する私学』
今年で3回目の開催です。
昨年、一昨年の会場は国立京都国際会館でした。
今年は、もっと広く一般の方々にご覧いただこうということで、9月に京都産業会館で実施。
続いて11月27日(日)に京都駅ビルの大階段特設ステージで開催されました。
京都の私立中高が各校の自慢のクラブを披露します。
秋の行楽シーズン。快晴の中で京都駅でのステージです。
たくさんの方がご覧になられました。
本校からは、ハンドベル部、コーラス部、そしてダンスの3クラブが出演しました。
運営する京都私立中学高等学校連合会のご配慮で、3つのクラブが連続して出演しました。

まずは、ハンドベル部。
この時期にはハンドベルの音色がぴったりあいます。
後ろには大きなクリスマスツリー。
会場に来られた方は、日ごろあまり聞くことのないハンドベルの生演奏に聞き入っておられました。

次にコーラス部。歌って踊れるコーラス部です。
クリスマスソングや手話を交えての「空飛ぶうさぎ」そして最後は、「ハイスクールミュージカル」
元気いっぱいのコーラス部をご覧いただけたことと思います。

3つめはダンス部です。
アップテンポの曲にあわせて、すっごくカッコよいダンスを披露しました。
私のとなりにすわっていた小学生くらいの女の子が「かっこいい!」と感心していましたよ。

3つのクラブが京都駅の特設ステージで歌やダンスを披露。
とても見ごたえがありましたし、すごく得した気分になりました。

クラブ活動が盛んな学校は活気があります。
当然、勉強もしてもらわなければ困りますが。
今回の3つのクラブ。どれも本校自慢のクラブです。
これからももっともっと活躍してくれることを期待しています。
e0251420_1938859.jpg
e0251420_19381717.jpg
e0251420_19382632.jpg
e0251420_19383898.jpg
e0251420_19384624.jpg
e0251420_19424577.jpg
e0251420_19425649.jpg
e0251420_1943768.jpg
e0251420_19431941.jpg
e0251420_19432994.jpg
e0251420_1943382.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-28 21:16
英語暗唱大会
e0251420_18322551.jpg
第46回近畿中学校女子英語暗唱大会がありました。

本校からは、中学2年の宮本さんが出場。
みごと、第3位の成績でした。

英語を使用する国に1年以上在住していた場合は参加できません。
中学2年生で3位に入るのはすごいことだそうです。
本当にすごいですね。おめでとう。

国連の公用語は 英語、ロシア語、中国語、フランス語、アラビア語、スペイン語の6つです。ただし、様々な場面で英語がメインに使われている、ということは否めません。

中国、インドやアジア諸国の台頭が目だっていますが、まだまだアメリカが経済の中心。つまり英語が中心に使われているのです。(と言っても、アメリカ合衆国憲法上は公用語が定められてなく、事実上、英語が公用語になっているのですが)

これからは、バイリンガルではなくマルチリンガルの時代。
生徒たちには、しっかりと勉強して、せめて英語は話せるようになって欲しいと思います。
私はまったくダメですが・・・

ちなみに、宮本さんは他にも特技をもっています。
それは、また別の機会に紹介します。
e0251420_18353034.jpg
e0251420_18354226.jpg
e0251420_1835521.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-26 22:09
ゴルフの授業!?
e0251420_9492218.jpg
高校3年生の選択授業で体育を受けている生徒です。

校内での体育の授業の他に、校外へ出かけ、ボーリングやゴルフを経験します。
今回は、ゴルフの授業。4週連続の最終回でした。

さすが、4回目とあってみんな慣れたものです。

学習指導要領には、体育の授業の目標として、『生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を育てる』
とあります。

ボーリングやゴルフ。
このような経験が、生涯にわたってできるスポーツを見つけることができるきっかけになるのです。

私は運動をまったくしません。時間が無い、という理由にして逃げております。
時間はつくるものですね。

生徒たちは、この他、野外炊飯なども経験するそうです。
e0251420_9505437.jpg
e0251420_95172.jpg
e0251420_9511541.jpg
e0251420_9512176.jpg
e0251420_9513334.jpg
e0251420_9513731.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-26 20:15
中学校吹奏楽部ウインターコンサート
e0251420_2037166.jpg
吹奏楽部の中学生だけのコンサートです。

京都聖母学院中学校吹奏楽部 第11回ウインターコンサートを昨日、山科区の京都市東部文化会館で行いました。
いつもは、高校生とともにステージにたつ中学生ですが、毎年、この時期に中学生のみのコンサートを行っています。
今年で11回目。
昨年までは学内で行っていましたが、今年は初めて校外での実施です。

総勢39名、その中で中学3年生は6名です。
今回のステージにいたるまでにいろんなことがあったことと思います。
ぶつかりあったことも、当然、涙を流したことも。
後輩をひっぱっていくことも、みんなをまとめることも、いろんなことで苦労してきたことでしょう。
でも、そんなことのひとつひとつが彼女たちを成長させていくのです。
手作りコンサートの感じが出てて本当に良かった、と思います。
中学3年生の6名には、『本当にお疲れさま、良かったよ。』と言いたいです。
そして、中学2年生、来年は君たちの番です。今回の先輩のがんばりをしっかりと見ていましたか。
中学1年生、8ヶ月前まではランドセルを背負っていたのに(笑)よくがんばりました。

私が中学1年生のとき、学校で鑑賞会に行きました。
どこかの交響楽団の演奏を聴いて、すごい!とびっくりしたのを覚えています。
40年以上前の話ですが・・・

交響楽団とまではいきませんが、中学生だけであれほどのステージができるのですから、本当にすごいですね。

保護者の皆さま、お越しくださいました皆さまにはお忙しいところ、本当にありがとうございました。
部員たちはとても嬉しかったと思います。
これからも京都聖母学院中学校・高等学校の吹奏楽部をよろしくお願いいたします。
e0251420_20401365.jpg
e0251420_20402720.jpg
e0251420_20472428.jpg
e0251420_20404457.jpg
e0251420_20411255.jpg
e0251420_20412139.jpg
e0251420_20421196.jpg
e0251420_20422457.jpg
e0251420_20423126.jpg
e0251420_20423959.jpg
e0251420_20424729.jpg
e0251420_20425138.jpg
e0251420_2043022.jpg
e0251420_20431323.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-24 22:17
未来の消防士
e0251420_12271925.jpg
消防団1日体験入団プログラムに本校の高校3年生の生徒が参加しました。

未来の消防士です。

消防士は、地域や社会を愛する気持ちと、災害から地域や住民を守るという強い意思が必要です。
当然、健康な身体が必要で、心身ともに健全でなければなりません。
住民に愛されている、頼りにされているという気持ちを持つことも必要と思います。

特に今年は大きな災害があり、その地域の消防士の方は、自分の命も顧みず救助にあたられたことと思います。

そんな、消防士の体験。
どのように感じたのでしょうね。

今年は、11月21日現在、京都市内で 187件の火災が発生 前年比 +37件
また、伏見区内では 44件 前年比 +8件
とのことで、 大変火災が増えているそうです。

『地震、雷、火事、おやじ』 昔はよく耳にした言葉ですが、火事は人災と言えるかもしれません。
気をつけたいものです。
e0251420_12374939.jpg
e0251420_1237555.jpg
e0251420_12383479.jpg
e0251420_12392561.jpg
可愛いですね。
この子たちの未来をしっかりと守ってやれる、そんな大人になってください。
by kyotoseibo | 2011-11-24 21:55
生徒会あいさつ運動
e0251420_1845512.jpg
今朝の京都市の最低気温は5℃
この季節らしい寒さになってきました。
そのような中、生徒会執行部の生徒たちが校門で、生徒たちの登校を出迎えます。
生徒会のあいさつ運動です。
e0251420_18111484.jpg
『挨拶の「挨」という漢字には「押す」「背を叩く」「開く」の意味があり、「拶」には、「迫る」「はさみつける」「押しつける」との意味がある。「挨」にも「拶」にも「せまる」や「押す」の意味があり、挨拶の文字本来の意味は「そばに身を摺り寄せて押し合う」ことである。』
インターネットなどで、『挨拶』について調べてみると、このように書かれています。

『禅宗の問答で使われていたが、時が経つにつれて次第に日常生活にも用いられるようになり、相手の様子を伺ったり寒暖の言葉を取り交わすなどの儀礼的な意味合いが生じてきた。』そうです。

歴史的ないわれはともかくとして、明るい表情で思いやりといたわりの気持ちを込めて挨拶をしたいですね。そうすることでお互いの距離を縮め信頼関係を築くことができると思います。

話に夢中になったり、考え事をしたり、あるいは、わかっていても挨拶ができない、しない生徒がおります。
そして、もっと残念なことは、教職員の中にも、頭は下げるが声が出ない者もおります。

『目上の人には自分から挨拶をしよう。』と生徒たちには話ますが、実際は関係ありません。
目上、目下、そんなことではなく、誰であろうと一人の人間として、人として、相手の存在を認める。
それが挨拶だと思います。

生徒会執行部のみんな、急に寒くなりましたが、頑張ってください。
きっと、みんなが気持ちよい挨拶をしてくれるようになりますよ。
e0251420_18143266.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-22 22:25
ICT活用
e0251420_1943655.jpg
ICT(Information and Communication Technology)とは、一般的には「情報通信技術」と訳されますが、教育の分野では「情報コミュニケーション技術」と訳されています。

「IT(Information Technology:情報技術)」とほぼ同様の意味ですが、ITよりコミュニケーションを強調した表現で、国際的には欧州を中心に「ICT」が定着しています。

授業におけるICT活用とは、その授業の目標達成のためにICTを活用することで、児童・生徒がICTを活用して学習する場合と、教員がICTを活用して指導する場合があり、新学習指導要領においては、情報教育及び教科指導でのICT活用について充実が図られています。
また、生徒が「コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を適切かつ主体的、積極的に活用できるようにするための学習活動を充実する」とあります。

本校でも、授業では、まずは教員がICTを活用して指導するようにしていますし、今後は、そのための研鑽も積んでいかねばなりません。

今日は、高校3年生のオーラルコミュニケーションと中学2年生の理科2の授業を見学しましたが、いずれの授業も担当教員が教室のテレビを用いて授業をしておりました。

オーラルコミュニケーションでは、『英語のドラマ?を見て、その内容に関して英語で質問し英語で答える』という感じなんだろうなと勝手な想像をして授業を見学しておりました。なにせ、授業がすべて英語ですから、何がなにやら・・・

理科2の授業では、温かな空気に冷たい空気が流れていき前線ができる様子を映像で見ました。
映像で見るのと教員の話を聞くだけでは、理解度が全然違います。

もっともっとICTを活用せねばと思いますし、今後は、生徒も活用できるようにしていかねばなりません。
本校の生徒ならホームルーム活動やクラブ活動などで、自主的・積極的に活用してくれるものと思います。
e0251420_19501322.jpg
e0251420_19503199.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-21 21:18
なでしこSEIBO?!
e0251420_1832126.jpg
秋晴れのもと、グランドでサッカー部が試合をしておりました。
少しだけ見学しました。
相手は京都橘中高さん。
オレンジのユニホームが我らがSEIBOイレブンです。
真夏と違い少しは走りやすくなったとはいえ、この広さ。
選手は大変なことと思います。
以前、プロのサッカー選手は1試合で10㎞以上走ると聞いたことがあります。
時間や運動量が異なりますが、女子サッカーでもかなりの距離を走っていることでしょう。
ちょうど、学校では体育の授業で持久走がおこなわれています。
生徒の下足室には昨年度の持久走の成績が掲示してあります。
成績には所属クラブ名も書かれてあります。
もちろん、クラブに所属していない生徒もおりますが。
なでしこたち、たくさん名前が掲載されることでしょう。楽しみです。
e0251420_18365960.jpg
サッカー部の生徒たちは、部活動以外でもいろんな場面で活躍してくれています。
学院祭での募金活動や、成人のつどいでのお手伝いなど。
部員が増えてますます活気あふれるクラブになってくれることを願います。

ところで、試合結果はどうだったのでしょう。
明日聞いてみます。
e0251420_18345074.jpg
e0251420_1835183.jpg
e0251420_1835735.jpg
e0251420_18353652.jpg
e0251420_18354429.jpg
e0251420_18355325.jpg
e0251420_1836439.jpg

by kyotoseibo | 2011-11-20 21:43